特別展

布の庭にあそぶ 庄司達

作品写真
庄司達《白い布による空間’68-6》1968年 名古屋市美術館蔵 庄司達 撮影

Play in a Place with Cloth

2022年4月29日[金・祝]-6月26日[日]

愛知県を拠点に50年以上活動を続ける作家・庄司達の個展です。デビュー作である〈白い布による空間〉シリーズ7点と〈Navigation〉に加え、〈Cloth Behind〉の新作を展示します。〈Navigation〉シリーズから「アーチ」、「フライト」、「レベル」の3種類すべてが一堂に並ぶのは、今回が初めてです。美術館の床や壁、天井などに、白い布が寄り添うようにして作り上げる空間は、まるで広々とした庭のように、人々が行きかい、安らげる場所となるはずです。80歳を超えた今も、つねに思考し、新たな表現に挑戦し続ける庄司達の集大成となる本展に、ご期待ください。

ボテロ展 ふくよかな魔法

作品写真
フェルナンド・ボテロ《モナ・リザの横顔》2020年
油彩・キャンヴァス

BOTERO – MAGIC IN FULL FORM

2022年7月16日[土]-9月25日[日]

南米コロンビアの美術家、フェルナンド・ボテロ(1932–)。彼の手にかかると、楽器や果物、さらにはあのモナ・リザさえも、ボリュームのある形になって現れます。その独特な形態や色彩は、さまざまな感覚を呼び起こし、見る人を惹きつけてやみません。日本では26年ぶりとなる今回の大規模な絵画展では、ボテロ監修のもと、初期から近年までの油彩・水彩・素描など70点を紹介し、いまも制作を続ける彼の画業をたどります。ボテロがかける「魔法」を、ぜひ体感してください。

「クマのプーさん」展

作品写真
E. H. シェパード『クマのプーさん プー横丁にたった家』原画 1957年
水彩、インク、鉛筆 ペンギン・ランダムハウス蔵
Courtesy of Penguin Young Readers Group, a division of Penguin Random House, LLC. ©1957 E. P. Dutton & Co., Inc.
Winnie-the-Pooh is organized by The Eric Carle Museum of Picture Book Art, Amherst, Massachusetts, United States.

Winnie-the-Pooh

2022年10月8日[土]-11月27日[日]

「クマのプーさん(Winnie-the-Pooh)」は、1925年にイギリスの作家A. A. ミルンが子ども向けに発表した物語です。クリストファー・ロビンが持っているクマのぬいぐるみプーと、彼らの仲間たちが百町森(百エーカーの森)で過ごす日常が描かれています。挿絵はE. H. シェパードが手がけました。本展では、シェパードが1950–60年代に描いたカラー原画約100点とミルンの文章とで、クリストファー・ロビンとプー、そして仲間たちの物語をじっくりとたどります。懐かしくてやさしい、そしてきっと新たな発見のあるクマのプーさんの世界をお届けします。